ミッツマングローブがシンデレラバスとを批判

MENU

ミッツマングローブがシンデレラバスとを批判

22日放送番組の「5時に夢中!」(TOKYO MX)をもちまして、ミッツ・マングローブが「貧乳」を「シンデレラバスト」、「オカマ」を「オネエ」と呼んでものを切り換える傾向に苦言を呈してみた。

 

TVの番組だと「夕刊ベスト8」のコーナーで「シンデレラバスト」と名付けて毎日新聞の報道を取りあげた。

 

バストが小さな人に向けたランジェリーを取り揃えて雑誌でも取り上げられている、現役バリバリ大学生デザイナーのハヤカワ五味ちゃんをピックアップした特集の中で、「貧乳」だというフレーズに付きまとう否定的なニュアンスを拭い去ることが理由で、A〜AAAカップのおっぱいを「シンデレラバスト」と命名したのであるとという感じの事を披露した。

 

撮影所だとミッツが、この度ネーミングが独特の語学の1つが記されたフリップが出た。フリップことを望むなら「出来ちゃった婚」が「さずかり婚」、「年寄」が「シニア」、「オカマ」が「オネエ」、「無職」が「ニート」と呼ばれており、司会のふかわりょうが1つずつ声に出して読んだ。

 

その他には、ふかわは、オカマがオネエと言われているごとく決まった状態に際してミッツに訊ねてみると「全てこれは綺麗ごとではないでしょうか」と一蹴し、スタジオではでっかい笑いが発生した。

 

永遠にミッツについては「私は悪意がありませんよ、私は毒を吐いてませんそれがあるので呼ぶ」と、保守的な意味合いで他ないことを指令してみたんだケースで「オネエって有難いなあがら気分ではオカマって感じられてたらセットとは程遠い」「おブス他には肥満言うのでしょうか、別にデブってなりますとOK